上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
3フェレ生活3日目を迎えました。

少しは慣れたかな?

こんにちわ 月見です



昨日から 皆様に頂いたコメントを励みに 頑張っております!

かあtan様のコメント

多分シエテ君的には「僕は大きくなったらパパとママみたいになるんだぜ」くらいに自分がフェレであることの自覚がないかも~。
だから、ええっ!何なんだ!?この子達ってビックリしているんでしょうね


そうかもしれない焦る3 と思いました!

シエテはうちに来る前は 沢山のベビーちゃん達の中にいたけど そんな前の事は忘れてますよね><

なので 2フェレを近づけるのではなく まずは自分の姿を見てもらおうと鏡を

シエテの前に出してみました。

案の定 自分の姿にビックリして『うわ また変なのがいるんだゼ かあちゃん怖い!』

といった感じでした。

そこで 私との2ショットで また鏡を見せました。

すると ビビりはするものの『あれ?』  鏡にクンクン 『ん?』

『オイラ?』 とシエテが考えてる時に

放牧中だったセッテが近づいてきて クンクンしだしました。

少し前のシエテだったら 怖がって後ずさりして逃げてたんですが

と お昼頃↑まで 書いたところで問題発生

シェバが 急に『カハッ カハッ オェ』っと吐くような仕草をし始め(唾液しか出ない) 口元を

前足でひっかきだしました。

私は 何か誤飲したと思い 吐き出せるようにさすったり口の中を確認したり

周りに 何か食べたような後は無いか確認しましたが 何もでないし 何も落ちてない

(オモチャは直し込んでたので)

2分位 その状態が続いて 今度はグッタリして寝そべったまま 目は虚ろ

歩こうとしても 下半身は引きずっている。

ただ事じゃないと思い 誤飲かなにか分からなかったが 行きつけの病院に電話。

3日前に里子として引き取ったこと 2年前に誤飲で開腹手術をしている事 今 起こったことを伝える。

『少しでも情報があったほうがいいので 前の飼い主に他に何か病気をした事がないか確認して

来てください』と

前の飼い主さんに電話するも それ以外に病気はしたこと無いという事だった。

友達にバタバタ 病院に連れて行ってもらい 診察を受ける。

この時点で シェバは大分 落ち着いていた。

触診してもらったが 誤飲はなさそうとの事

検温 36・8℃

普通フェレットは 38・8℃位はあるので 低体温になっていると

これだけの情報では何とも言えないという事で 血液検査もお願いしました。

結果

インスリノーマでした。


■ ■解 説■■
 インスリノーマとは、すい臓に腫瘍ができることで、生命に関わるような低血糖をひきおこす病気で、一般的には中年(3歳)以降に多発します。
 すい臓は、血糖値を下げる働きをするインスリンというホルモンを分泌して、常に血糖をコントロールしていますが、そのホルモンが必要以上に分泌されてしまうのがインスリノーマです。逆に分泌がたりなくなる病気が糖尿病です。
 フェレットのインスリノーマは、高齢のフェレットに一般的にみられる腫瘍性の病気で、完治は困難ですが、早期に発見できれば手術や内服薬にて一定期間良好に保つことができます。
 通常時血糖値が80㎎/dl以下、空腹時血糖値が60mg/dl以下の場合はインスリノーマと診断されます。

■■症 状■■
 一般的な症状は、よだれを流したり、口元を手で掻いたり、ふらつきがみられ、進行すると歩けなくなり、やがては昏睡状態におちいります。しかしそのような症状が現れる前に、よく観察すると、時々ボーっとしたり、視線が宙をさまよう感じが初期症状としてみられますその状態のときは血糖値が低くなっているときですが、血糖値が上がるとまた自然に元に戻ります。インスリノーマでは通常、食欲や元気は特に変化はありません。
 昏睡状態におちいった時は、お湯で薄めたはちみつなどをなめさせて(なめない時は歯茎にすりこむ)至急に血糖値を上げなければ危険です。

■■治 療■■
 内服薬による治療と手術による治療があります。しかしすい臓にできた腫瘍は、悪性のものが多く、どちらの治療も病気を完治するものではありません。しかし、状態を良好に保ち、生命に関わる低血糖を起こさないようにするには、どちらもたいへん有効な治療です。
 内服薬による場合は、血糖値を上げるように作用するステロイド剤を1日2回投与して、コントロールしますが、次第に増量が必要となり数ヶ月から1年程度で効果がなくなってしまいます。また薬による副作用(免疫力低下やホルモン異常など)の心配も少なからずあります。ホルモン剤が効果がなくなった場合はDiazixideを併用します。

■  手術による場合は、すい臓にできた腫瘍を切除することでインスリンの分泌を減らす方法です。早期に実施するほど経過は良好となります。効果は、内服薬よりも持続し、副作用もありませんが、手術に耐えられる体力があるか慎重に検討しなければなりません。
 2つの治療法はどちらがいいということはありません。フェレットの年齢、体力、病気の重症度などを総合的に考慮して最終的に判断します。
 低血糖を予防するために、フードは常に与えて切らさないようにします。糖分の入ったものは与えないようにして、高たんぱくの良質のフードを与えてください。



引き取る時に 年齢が分からなかったので 病気の事も覚悟してたんですが

急なことで 頭が真っ白になってしまいました。

先生の予想だと 『3歳以上 5歳位かもしれない』

泣きそうになるのを堪えながら 説明を聞いてきました。

そして 今後の治療法等

手術もあると 言われたんですが5歳位かもしれないということなので

シェバに負担をかけたくないので ステロイドの内服で低血糖を起こさせないように

していく事にしました。

今回 2週間分のお薬をもらって朝晩飲ませる。 

空腹な状態が6時間続くと危ないのでご飯を切らさない

でも 薬の作用で 『食欲が出る』 シェバは良く食べるので 1日分を小分けにして

4時間おきくらいに お皿に足していくことに。(食べ過ぎると脂肪がつくので他の病気が出てくるとの事)

後はシェバがいる環境の温度を26~30℃に保ってあげること。

いきなり 大変なことになってパニックです><;

私自身 体調があまりよくなくて 微熱が出たり 食欲もなく殆ど食べれてない状況、、、

自分の体調管理もしつつ 3フェレのお世話を頑張ろうと思います!



まだまだ 勉強不足で分からないことだらけです。

しかも 明日の夕方から 母が手術で入院する為 実家に帰らなくてはいけません。

その時 3フェレも一緒に連れて行きます(また環境が変わるので よくないとは思うんですが

3フェレのお世話が出来る人がいないものでゞ(´I`q汗)+・.

なので 25日までPCのない実家に行きます。
スポンサーサイト

2009.04.13 
ソフトバンクホークス オープン戦で

優勝したんですね!!!!

こんばんわ 月見です



結局 シエテの尻尾の件気になって 気になって、、、

今日 病院行ってきました病院

まだ シエテ用(布製のキャリーは破壊済み)のキャリーを買ってなかったので もらい物のネコちゃんキャリーに乗せて


病院02 2009・03・30

久しぶりの車にはしゃぐシエテ!!

キャリー内で 運動会が行われていました (;´I`A ```


病院着

TELでも言われたとおり 若くて代謝がいいから カサカサしてしまっているダケでした。

ひどい子はもっと ガッサガサですよ と、、、

いいのよ なんとも無くたって 無駄じゃないわ!

安心しました (*´I`)=з ホッ

ついでに ノミ・ダニ・フィラリア予防のお薬ももらってきました!


病院03 2009・03・30


帰り道 久々の車でシエテが酔ってしまったみたい><;


病院00 2009・03・30

帰ってケージに入れても この状態で静止したまま 。・゚・(*ノI`*)・゚・。 

どうしよう どうしよう焦る3

っと 思ったら、、、


病院01 2009・03・30

ご飯食べだしました!!

安心しました(*´I`)=з ホッ

シエ君 お疲れ様でした^^


やっぱり 

ちゃんとしたキャリーが欲しい!!

っと 言うことで 旦那様におねだりして


アトラス20オープン

アトラス20オープン ライトグリーン注文しました♪

本当は エメラルドグリーンが欲しかったけど品切れ 。・゚・(*ノI`*)・゚・。

4/2に届く予定❤



【家庭菜園】

15日目


花育ちミニトマト00 2009・03・30

ミニトマトさん芽

2本目デタ━━(●´I`)=o)゚Д゚(o=(´I`●)━━ッ!!!




□_ρ(I `*) ポチッ♪ット(人´I`*) オ願イシマス☆








2009.03.30 
今日はお待ちかね(?)の病院の日

シエテをお迎えして 初めての病院受診の日にウンモから【コクシジュウム】?

というのが 見つかりとっても怖い思いをしました

(お薬でキレイサッパリ治りましたケド


悪いところがないようにと 願いながらへ。


病院へ00

ルンルン気分のシエテ君  ̄(= ̄ー ̄=) ̄ うさニヤリ♪


病院へ01

ああ やっと気づいた? /(=*´艸`) ププw


病院到着

看護師さんに診察券とうウンモ(検便用)を渡し待機。

センセーは 往診に行ってるらしいので 病院の本を物色

シエテは ソワソワ ソワソワ落ち着かない様子/(=*´艸`) ププw


センセーが帰ってきて 診察室へ

まず体重測定

1280㌘ 
(7月に来た時に1600㌘もあったので ダイエット中でした

センセー:うん 体重もいい位に 落ちましたね

エヘヘ シエ君頑張りましたから!!

続いて 触診

特に何も言われず、、、 まぁ 大丈夫って事よね

そして 検温でお尻にブスッ とした後 例のアレを持った看護師さんが

ネコつかみされたシエテ 覚悟していたのか ウンともスンとも言わず

何事もなかったかのように 注射終了。。。

ママちょっとガッカリ

何も悪いところは無し ウンモも問題なし

センセー:フィラリア予防のお薬が 後1回あるので 出しておきますね~ 今年はコレで終わりです~

お薬

11/20に忘れないようにしなきゃ


帰り道

病院帰り

だいぶ 落ち込んでいる様子/(;=゜▽゜A`` 





しっぽ

ウンウン 今日は安静にしててね



病院代
注射      ¥5000
フィラリアのお薬 ¥1220

これでシエテが病気にならないなら 安いもんよ

2008.11.07 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。